楽天

楽天ポイントのお得な使い道は?調べた結果、最もお得になる方法はこれでした。

本日、期間限定の楽天ポイントを消費するべくサンドラッグへ向かった私。数ヶ月前に調べてサンドラッグで使うのが得だと思ってから、期間限定ポイントの消費は疑うことなくサンドラッグを使ってきました。ところが、残念なことに一番お得な方法ではなかったようです。ご紹介します。

サンドラッグを選んだ理由

楽天市場でのポイント払いは損。

そもそも私がサンドラッグで楽天ポイントを使うようになったのは、楽天スーパーポイントを楽天市場で使うのは得策ではないということを知ったのが一番の理由です。

なぜ楽天市場ではいけないのか?それは楽天カード利用による特典を受けることができず、ポイントを最大限に受け取ることができなくなってしまうからです。

楽天point club の説明も一通り読みましたが、楽天ポイントの利用分にもポイントは付与されるようです。しかし、楽天カードを持っているのならば楽天カードによるクレジット払いのボーナスポイント分がもらえるのに、ポイント払いにするとその恩恵が受けられなくなってしまうのです。

楽天カード払いであればもらえたはずのポイントがもらえなくなるという意味では「損」な選択であることは間違いなく、楽天市場での使用は避けた方がいいと考えました。

楽天市場を有効に使うには、引き落とし口座を楽天銀行にした楽天カードで払うのが吉です。

楽天ポイントを使える店舗で1ポイント=1円として使うのが良い。

では何に使うのがいいのか?それは、楽天ポイントを1ポイント=1円として使える街のお店で使うのがいいとのことでした。

お店は限られてしまいますが、現金と同様に使えますし、ポイントを貯められる店舗であればポイント使用分にもポイントがつくというのが魅力的です。

期間限定ポイントはちょこちょこ発生するので、生活必需品に使うことができれば無駄なく消費できるのではないかと考え、サンドラッグを選びました。

その後、疑うこともなく1〜2ヶ月ごとにサンドラッグを使用していたのですが、本日レシートを見ていてあることに気付いてしまったのです。

1%ポイントがつくと思い込んでいたけど、0.5%しかついてない!! もしかして私、損してるのでは??

楽天カードの還元率と同じように、1%のポイントがつくと思い込んでいたのですが、実際には違ったようです。「損」が何よりも嫌な私は、その後お得な使い道を探るべく再び検索をしました。

ポイント還元率はお店によって違う!

調べた結果、上で書いた楽天市場は損というのは間違っておらず、やはり街のお店で1ポイント=1円として使うのが良いようでした。

しかし、私が見落としていたのはポイント還元率は同じではないということです!私自身が使うお店についてのみ確認してみたのですが、200円(ポイント)につき1ポイントの0.5%還元と100円(ポイント)につき1ポイントの1%還元が混在しているのです。

そして、サンドラッグは還元率の低い方のお店だったのでした。

お店ごとの還元率について

2020年2月23日現在、楽天ポイントカードが使えるお店は400程度(ポチポチ数えたところ恐らく398)あるようです。

その中で私自身が使うことがあり、ポイント消費に使えそうなお店の還元率を確認してみました。

1%ポイント還元のお店

  • ミスタードーナツ
  • 銀だこ
  • ロイヤルホスト
  • マクドナルド

0.5%ポイント還元のお店

  • カフェ&バー PRONTO
  • ファミリーマート
  • サンドラッグ
  • ジョーシン

などなど。

使えるのであれば、0.5%より1%還元のお店の方がお得ですよね。ただポイントのためにいらないものを買うのは得とは言えませんので、欲しいものがあるかがポイントにはなりそうです。

キャンペーンもある!

今回ポイント還元率を調べる中で発見したのがキャンペーンです。普段0.5%還元のファミリーマートは、現在こんなキャンペーンを行なっているようです。

200円毎に10ポイントなのでまさかの5%還元いつもの10倍になっています。

その上、ポケキチ購入で20ポイントプレゼントなど、さらなるお得ポイントまでありました!

ここは0.5%ポイント還元だから、と決めつけてしまっていると、こういったお得なキャンペーンは見逃してしまう危険もあるなぁと思いました。

今回はファミリーマートがキャンペーン中でしたが、期間限定のためいつものことではありません。また、他のお店も同様にキャンペーンで還元率が上がったりすることもあると思います。

キャンペーンは要チェックですね。

今回は不覚にも少し損をしてしまった私。
コツコツと貯めたポイントを少しでもお得に使うためにも、思い込みではなくキャンペーン等も確認して使うのが一番損のないやり方かなと思いました。これからは、そういった情報もマメに集めたいと思います。