お金

お得がいっぱいでオススメの楽天銀行。他銀行とどう違う?

2019年。今年の増税対策の一つとして、キャッシュレス移行と共に私が開設したのが楽天銀行の口座です。

数年前に色々悩んでSBIネット銀行の口座を開設したところだったので口座は増やすまいと思っていたけれど、現在は中心の口座になっています♪ お得も色々あり本当に便利。(決して楽天の回し者ではございません笑)

楽天口座開設に当たって私も色々なサイトさんで調べまくったので、何かいい情報になればと思います。

他に利用している銀行口座について

私が持っている銀行口座は、楽天銀行の口座で6つ目。

学生時代に作ったアルバイト代受け取り用の「三菱東京UFJ銀行」と子供の時に作ってもらった「ゆうちょ銀行」は、ほとんど休眠状態。楽天銀行を開設するまでは3つを使っていました。ご紹介します。

地元の地方銀行

一つ目は地方銀行

給与の受け取り口座として就職した時に開設。毎年ここに200万ずつ貯金が貯まってました。現在も給与受け取りはこの口座。

会社指定なので仕方ないけれど、金利が低いのと時間外の引き出しに手数料が取られてしまうのが難点でした。(時間内にはなかなかいけません)

信用金庫

2つ目は信用金庫

こちらは、もともとはカードの引き落とし用でした。毎月5万を給与受け取り口座から移して大きな買い物をした時用に使っていました。現在はほとど使わなくなっています。

SBIネット銀行

3つ目は一人暮らしを始めた時に開設したSBIネット銀行

これは家賃振り込みの為に使っている口座で、手数料のかからない口座が欲しくて開設したものです。

SBIを開設した時に色々考えたのですが、預金残高に関係なく月1回は他行への振込手数料が無料であること、定額自動入金と定額自動振込ができること、そしてその時に読んだブログの影響(笑)が決め手となり開設に至りました。

現在も家賃振込用として継続利用中です。

楽天銀行と他の銀行口座との比較

楽天銀行の解説を検討するに当たって、他の銀行と比較し、メリットデメリットを検討しました。ご紹介します。

金利が0.001%(普通預金)から0.10%に!

過去使用していた銀行は全て、普通預金の金利は同じ0.001%でした。

それに対し、楽天では証券会社と連携させるマネーブリッジの設定をしているからというのもありますが、金利が驚きの100倍

ちなみにマネーブリッジにしなくても0.02%なので通常の20倍。SBIにも証券会社との連携がありますが、それでも金利は0.010%で楽天の10分の1しかありません。

これだけでも2年前に楽天銀行を選ばなかったことを悔やみました笑

手数料が安い!

楽天銀行は、手数料諸々が安いのもお得です。

ATM引き出し月7回まで無料他行への振込手数料月3回は無料になりました。

ATMはそこまで使ってませんが、時間を気にせず出せるのは助かっています。他行振込手数料もSBI に勝ってしまいました。本当に便利!

お得なポイントなどもある!

開設して最初に喜んだのは現金プレゼントサービス

ポチッとクリックするだけで月に6円ほど現金が貯まって振り込まれます。現金というのがいいなと思うのですが、これをコツコツ貯めると、他行の利息分くらいは超えちゃうな、とニヤニヤしています。

また、楽天市場との連携で「ポイントが+1倍」になりました。

これも結構お得で、少しのことですが、ポイントもちょこちょこ貯まっています♪

楽天銀行のデメリットは?

8月末に開設して4ヶ月程経ちますが、今の所デメリットは全く感じていません。むしろお得がいっぱいでどうして早く開設しなかったんだろうという後悔があるくらい笑。実生活でも友達に勧めまくっています。

色々なサービスは使わなくても、マネーブリッジ設定の0.10%の金利だけでも今の低金利時代にはお得なのでは?と思います。

これからちょっとでも節約を、と考えている方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

⬇️楽天銀行を開設するなら、楽天カードを併用するのがおすすめです。⬇️