雑記

緑色のじゃがいもは食べられる?

昨日ポトフを作ろうと思ってじゃがいもの皮を剥くと、うっすらと緑色に! 

芽には毒素が含まれていて食べてはいけないというのはよく聞きますが、「緑色になったじゃがいもは食べられるの?」わからなかったので、安全のためにも調べてみました。

果たして緑色のじゃがいもは食べられたのか?問題はなかったのか?そして、そもそもどうして買ってしまったのか?まとめてみたいと思います。

じゃがいもの緑色の部分には毒素が含まれている。

じゃがいもの芽や緑色になった部分にはソラニンやチャコニン(カコニンとも呼ばれています)という天然毒素の一種が多く含まれています。

緑色の部分は、よく知られる芽にある毒と同じだったのです!

普通、じゃがいもの食べられる部分には、100 gあたり平均7.5 mg(0.0075 g)のソラニンやチャコニンを含んでいて、そのうち3~8割が皮の周辺にあるそうです。

一方、緑色になった部分には100 gあたり100 mg(0.1 g)以上のソラニンやチャコニンを含んでいるといわれています。なお、この毒素は芽の部分に最も多く含まれています。

じゃがいもが緑色になるのはなぜ?

じゃがいもは光(紫外線)に当たることで光合成し葉緑体ができるため、緑色になるそうです。この際、皮の周辺にソラニンが作られてしまいます。

これを避けるためにも、購入したじゃがいもは光(日光や蛍光灯)にあたらないように冷暗所(10℃くらいが適切。でんぷんが低温障害を起こすため、冷蔵庫には入れません。)で保管することが大切です。

緑色のじゃがいもを食べるとどうなるの?

ソラニンやチャコニンを多く含むジャガイモを食べると、吐き気や下痢、おう吐、腹痛、頭痛、めまいなどの症状が出ることがあるそうです。怖いですね。

どれくらい摂取すると危険なのかというと、体重が50 kgの人の場合、50 mg(0.05 g)摂取すると症状が出る可能性があり、150 mg~300 mg(0.15 g~0.3 g)摂取すると死ぬ可能性があります。

つまり、じゃがいもの緑色の部分で考えると、50gで症状の出る可能性があり、致死量は150g以上ということになります。緑色の部分”だけ”をそんなに食べることはないと思うので、心配しすぎる必要はなさそうです。

とはいえ、気になりますよね。私自身、食べたあと頭痛とめまいがした感じがしました。気の持ちようって大きいですね笑。

ちなみに、食べてからそろそろ24時間経ちますが腹痛もなく元気ですので、中毒にはならなかったようです^^

買ったじゃがいもが緑色だった時の対処法は?

このじゃがいも、調理時に対処すれば食べることも可能なようです。ただし、茹でても毒素の量は減らないため、取り除く必要があります。対処法は次の通り。

❶じゃがいもの芽とその周辺、緑色の部分は全て取り除く。厚めに剥いておいた方がいい。

❷まだ緑色になっていない部分の皮も全て剥いておく。

❸実際に食べた時に、苦みやえぐみを感じたら食べるのをやめる。

今まで、芽が出たじゃがいもは「芽さえしっかりと根元から取り除けば大丈夫」と散々食べてきましたが、緑色の部分もきちんと取り除くようにしておけば、心配はなさそうです。

ただし、今回緑色になっていないじゃがいもと一緒にポトフにしたのですが、この緑色の部分を除いた方はあまり美味しくないなぁと感じ、全部は食べませんでした。

舌は危険を察知するというので、違和感を感じたら食べるのをやめるのが良さそうです。

そもそもなぜ買ってしまった?

このじゃがいも、実はスーパーで半額でした。一袋178円で他のじゃがいもと一緒に売られていたのですが、これだけ半額のシールが貼ってあったのです。

半額は怪しい?と思いながらも、じゃがいもであれば家で冷暗所で長く保管することもあるし(芽ならしっかり取り除いて食べているし笑)、袋の外から見る分には他のものと違いを感じなかったので「まぁ大丈夫だろう」と購入してしまいました。

そして今回の事態になりました><。ちなみに、ポトフを作る際に2つ剥きましたがどちらも緑。捨てたくなかったので、危なくないよう緑色をしっかりと取り除きましたが、食べられるところが小さくなってしまった上に、あまり美味しくないという悲しい結果になりました。

大量のじゃがいもの中で、一つだけ半額なのには訳があったのですね。

安いものには訳がある。 

肝に命じておきます。