おすすめ

soilの珪藻土バスマットのお手入れ法。たったの30円で吸水力が完全復活!

2年前から使っているsoilの珪藻土バスマット。乾かすだけのお手入れ要らずで便利に使ってきましたが、最近吸水力が落ちてお風呂上がりは水溜り状態に‥‥。

そこで、初のお手入れをして復活を試みてみました。思っていたよりとても簡単でしたよ〜。ご紹介します。

珪藻土バスマットのお手入れに必要なもの

珪藻土マットの普段のお手入れとしては陰干しが基本ですが、吸水力が落ちたマットは紙やすりで削るといいようです。

珪藻土は珪藻という藻類の殻が化石化したもので、この珪藻の殻に孔径0.1~1nm程の見えない穴が多数開いており、水分などを吸水してくれています。

しかし、この穴に皮脂やホコリなどの汚れが入って目詰まりを起こすと珪藻土マットの吸水性が落ちてしまうことに。

そこでやるべきなのが、紙やすりで表面の汚れを削ること。そうすることで、吸水力を復活させることができるそうです。

珪藻土バスマットのお手入れに最適なやすりは何番の粗さ?

やすりといっても粗さは様々ですよね。では、珪藻土バスマットの給水力を復活させるには何番のやすりが最適なのでしょう?

無駄なものを買って後悔したくない私は、失敗しない粗さを購入すべくいつものように検索しました。

♯400

おすすめの粗さで一番よく見かけたのが♯400。

細目と呼ばれる細かい部類に入るようです。

珪藻土マットを削る目的で何番がいいかホームセンターで聞いたら勧められた

珪藻土マットの説明に書いてあるのが♯400だった

といった口コミがあり、私の第一候補もこれでした。

♯240

珪藻土マットのお手入れに最適な紙やすりを、5種類の粗さのやすりから比較・検討されたHPでおすすめされていたのが♯240。

これは中目と呼ばれるもので、細目よりは少し粗い部類です。

細目の♯400、♯600、♯1000では、♯400の吸水性が一番良かったが、♯240だとそれより圧倒的に吸水性が良かったとのこと。

さらに粗い♯100の吸水性も良かったけれど、紙やすりの削り跡が気になったため♯240が良さそうだという記事でした。

♯320

圧倒的におすすめ数の多い♯400と、信憑性のありそうなレポでおすすめされていて気になった♯240で散々悩んだ結果、私が選んだのはその間の♯320です。

細目の中では一番中目に近いもので、丁度間だったので悩むなら真ん中!と決めました。

珪藻土バスマットのお手入れに使うやすりを買うならホームセンターが最安値!

最初100均に買いに行ってみたのですが、そこにあったのは色々な粗さのものがセットで100円というもの。

使わないやすりにお金を出すのは・・・とケチな私は躊躇してしまうことに笑。

さらに調べるとホームセンターで買う方が安そうだったため、ホームセンターに買いに行きました。

買ったのはこちら。なんと税込み28円!!

しかも、あと11回は使えそうです笑

紙やすりでsoilの珪藻土バスマットのお手入れをしてみた。

紙やすりも手に入ったので、いよいよ珪藻土バスマットのお手入れに挑戦です。

削った粉が出るので、ベランダに出て優しく擦ってみました。すると、削っていくにつれて削った部分が白く明るく変化するのがわかりました。

自分が思っていた以上に汚れがたまっていたようです。

全体を磨いたあとは細かい粉がたくさんついていたので、掃除機で吸い取ったあと、乾いた雑巾で軽く拭き取りました。

かかった時間は全部で10分弱くらい。非常に簡単でした!

吸水力は復活したのか?

soilの珪藻土バスマットの吸水力は、見事に復活しました!

やすりをかける前に現在の吸水力をチェックしておこうとスプレーで水を吹きかけてから吸水するまでの時間を測ってみましたが、1分では水溜りのまま、2分でようやく消え始め、水が吸収されるまでには3分もかかりました。

お風呂上がりに水溜りになるはずですね。

それが、やすりのお手入れ後はというと、、、30秒で綺麗に水の跡がなくなりました!

たまりにたまった皮脂汚れやホコリを削り落とすことができたのでしょう♪驚きの復活でした!

Before

After(&真っ白になったやすり)

珪藻土バスマットのお手入れまとめ

普段は使用後立てて乾かしておくだけという非常に簡単なお手入れですむ珪藻土マットですが、長く使うと吸水力は落ちてしまいます。

そんな時は12回で30円の紙やすりで10分弱削るだけ!たったそれだけで最初の吸水力を復活させることができます♪

バスマットのように毎日洗うこともいりませんし、場所もとらないのはやはり珪藻土マットの魅力だと思います。

あと11回は削れる道具もありますので、引き続き大切に使っていきたいと思います。

\お手入れ簡単で経済的。私が使っているおすすめバスマット/