美容

【徹底比較】江原道のクレンジングウォーター、通常タイプとポンプヘッドタイプどっちがいい?

私がリピ買いしている江原道のクレンジングウォーター。年末に購入しようとしたところ、通常タイプの他にポンプヘッドタイプあることに気付き、どちらにしようか非常に悩みました。

ものは試しと一度購入してみたので、どちらがいいか使ってみての見解をご紹介します。

江原道のクレンジングウォーター

こちらは、江原道の中でも「SPA Series」という温泉水と天然ハーブのうるおいブレンドを配合し、みずみずしく透明感のある肌に整えるUVケア・スキンケアシリーズの商品。

コットンに含ませて優しく拭き取るだけで、洗い流しも不要というクレンジングです。

私は敏感肌&乾燥肌で、通常のシートクレンジングだとピリピリしてしまうのですが、こちらは刺激が少ないのに綺麗に落ちるので気に入って使っています。

疲れてしっかり洗顔する元気のない日は、こちらで拭いた後サッとぬるま湯洗顔して化粧水をすることもありますが、翌日のお肌もいい感じです。

【江原道】通常タイプとポンプヘッドタイプの違い

江原道のクレンジングウォーターの容器は2種類のタイプで販売されています。私を悩ませたこの2タイプ。中身は全く同じものですが、ケースと内容量が異なります。

価格と内容量の比較

価格と内容量は次の通り。

  • クレンジングウォーター
    内容量:300mL
    メーカー希望小売価格:3,080円(税込)
  • クレンジングウォーターポンプヘッドタイプ
    内容量:380mL
    メーカー希望小売価格:3,520円(税込)

どちらがより安いのか計算してみると、

  • 通常タイプ :10.267…円(1mLあたり)
  • ポンプヘッド: 9.263…円(1mLあたり)

となり、ポンプヘッドの方が1円程度安いという結果になりました。

特徴の比較

なお、ポンプヘッドのケースの説明には次のように書かれています。

片手でプッシュするだけで、コットンに含ませることができる
簡単・便利なポンプヘッドタイプが定番化いたしました。

フタを開けると注ぎ口しかない通常タイプに比べ、片手プッシュのポンプは複雑な作りになっているように思えます。ところが、通常タイプよりも安い、、、。

失敗が嫌いな私としては、気に入っている通常タイプを継続して購入するのでも良かったのですが、ポンプヘッドの方がわずかながら安いことが引っかかり、「もしもポンプヘッドの使い勝手がいいならメリットしかない」と購入を決めました。

【江原道】使ってわかったポンプヘッドの欠点

そんなこんなで現在江原道クレンジングウォーターのポンプヘッドタイプを使っているのですが、私としては通常タイプの方がいいと感じています。

その理由はこちら。

  1. ポンプヘッドタイプはワンプッシュで出る量が決まっているので、自分で量を調整できない。
  2. 吹き出し口自体は小さいので、コットン全体を濡らすことができない。
  3. 一度顔に当てたコットンを再びポンプに押し当ててはいけない。

ポンプヘッドのワンプッシュでは、メイクを綺麗に落としきるには少し量が少ないです。けれど、2プッシュするとコットンから溢れてしまってポンプの上のお皿に溜まってしまってもったいないなぁと感じています。

また、自分で出せる通常タイプではコットン全体を濡らすことができましたが、ポンプ式では自分で濡らす場所を調節できないのも難点です。

衛生上一度使ったコットンを再度ポンプに押し当てられないのも不便なところ。

クレンジングし始めてからもう少し足したいと思った時は、新しいコットンを使うしかなくなります。これはケチな性分の私には辛いところです。

まとめ:使い勝手を考えると「通常タイプ」の方がいい

スペックと説明を読む限りでは、メリットしかなかった江原道クレンジングウォーターのポンプヘッドタイプでしたが、使ってみたところ今まで使っていた通常タイプの方が良かったという結果になりました。

次購入する時は、迷わず通常タイプにしたいと思います。

マニアックなネタでしたが、私自身が悩んだ時にポンプヘッドの口コミがなくて自分で使ってみるしかなかったので、こちらでご紹介してみました。どなたかの参考になると嬉しいです。

江原道のクレンジングウォーター自体は、敏感肌にも優しく綺麗に落ちるのでとてもおすすめな商品です。

クレンジング ジプシーでいいものを探されてる方がいらっしゃれば、一度お試しになってみてください。