雑記

一人暮らしの味噌汁事情。頑張るとこと手を抜くとこ。

普段の晩御飯は和食が多い私。‥‥となると欲しくなるのがお味噌汁ですね。一人暮らしの手抜きご飯でも汁物があるだけでちょっと嬉しくなります。そんなお味噌汁ですが、どこまで頑張ったらいいものでしょう? 手を抜いたり頑張ったり、、、色々試してたどり着いた私の今のスタイルをご紹介したいと思います。

最初はずっとフリーズドライだった。

一人分のお味噌汁を作るのは面倒だと思っていた私。それでもお味噌汁が飲みたかったので、一人暮らしを始めた当初毎日のように飲んでいたのがフリーズドライのお味噌汁でした。

お気に入りだったのはアマノのお味噌汁です。お湯を入れるだけで簡単なのに、具もゴロゴロ入っていて美味しいのでいい商品だと思います。

私の最寄りのスーパーでは5つ入りが350円なので一食70円かかるのですが、お味噌汁が欲しくてずっと食べていました。

ずっとこれでもいいくらい気に入っていたのですが、一食300円に抑えたい私には毎日かかる味噌汁代が少しネックでした。また、最寄りのスーパーでは3種類しか置いておらず、具に飽きてきてしまったのも問題でした。そこで、手作りしようと思うようになりました。

出汁パックで作る。

お味噌汁といえば出汁が肝心といいます。けれど一人暮らしのお味噌汁のために、出汁を取る手間はかけられないなぁと思った私。出汁パックで作ることにしました。

自分でお味噌汁を作ることで色々な野菜もとれるし満足感もある♪ と最初の頃は張り切って作っていました。けれど、出汁パックとはいえ煮出す時間が必要なのと、一人分しかいらないので残った出汁を保存用に別の容器に移すのが結構手間でした。

特に煮出す時間の問題は大きく、空腹で帰ってきたのにご飯を食べるまでに時間がかかってしまうのがネックでした。半年以上頑張ってみましたが、もう少し手を抜いてみようと思うに至りました。

だしの素を使う。

さらに手間を省くため、次は「だしの素」を使ってみました。そもそも煮物などにはだしの素を使っていたのに、なぜかお味噌汁は出汁を取らなきゃいけないと思い込んでいた私。だしの素を使ってみると、煮出す時間が省けた分だけ楽になりました。また、一杯分だけを作ることもできるようになりました。

味についても、めちゃくちゃ味が落ちるなら考えものでしたが、だしの素で作ったお味噌汁でも意外と十分美味しかったのです。

なんだ。これで良かったんだ♪

「一人暮らしのお味噌汁はだしの素で作ればいい」。私はようやく一つの答えにたどり着きました。なお、一時話題になった味噌玉にもチャレンジしましたが、私はあまり好きではありませんでした。

フリーズドライもやっぱりいい。

そんなこんなで、だしの素を使ってお味噌汁を作るようになった私でしたが、最近思うことがあります。それは「フリーズドライもやっぱりいい」ということ。

お味噌汁を手作りするようになって、手間いらずなのにこれだけ美味しいフリーズドライのすごさに改めて気付きました。また、お味噌汁を作るとお玉や鍋など一気に洗い物が増えますが、フリーズドライであればお椀だけですみます。そこもフリーズドライの良さかなと思うようになりました。

手を抜きたいときは、上手にフリーズドライも使おう。

ということで、最近はフリーズドライのアマノのお味噌汁も常備して、元気のない日は手軽にお味噌汁を楽しんでいます。家族がいるならともかく、一人分だけを作らなければならない一人暮らし。手を抜くところは上手く抜きながら、美味しくご飯を食べたいと思います。

おまけ

最後に、子供の頃母に教えてもらった、とっておきの手抜きをご紹介。

お椀にとろろ昆布と醤油、味の素をいれてお湯をかけるだけで簡単で美味しいお吸い物の出来上がり。
一番手を抜きたいときはこれに限ります笑