お金

固定費って大きい。【3月の家計簿から考える】

新型コロナウイルスによる外出自粛要請のため、出かけることが少なくなった3月。家計を振り返って実感したことがありました。まとめておきたいと思います。

現金を全然使わなくなった。

3月は外出自粛要請のため、友達との約束や仕事関係の飲み会が次々と無くなりました。以前書いたように私は1ヶ月に使う現金として2万円下ろしているのですが、3月はそれも全然使いませんでした。次の現金を下ろすまで10日を切りましたが、まだお財布には28,783円残っています。内訳は次の通りです。

3月の現金利用

  • 送別のプレゼント、冠婚葬祭費
    (職場にて割り勘)    ‥‥5,350円
  • 職場の小銭入れへ     ‥‥1,000円
  • 交際費(友人と夕食)   ‥‥5,195円

合計 11,545円

3月は異動の季節なので送別のプレゼントなどが通常の月と違う出費として生まれていますが、それ以外はほとんど使いませんでした。現時点でこれだけ余らせており、この先1ヶ月も状況は大きく変わらないことが予想されるため、4月は2万円の現金補給をやめようかと考えています。

3月の出費振り返り

3月の現金以外の出費は次の通りでした。

  • 家賃    ‥‥90,500円
  • 財布購入  ‥‥23,760円
  • 交際費
    (送別のプレゼント、出産祝等)‥‥9,548円
  • ジム等
    (休会したので4月が無料になる)‥‥9,630円
  • 食費    ‥‥7,427円
  • 光熱費   ‥‥7,047円
  • 税、社会保障‥‥5,583円
  • 通信費   ‥‥3847円

合計 157,342円

このうち、毎月必ず同じ金額出ていくのが家賃の90,500円。また、携帯料金の3,847円もほぼ変わらない額で毎月かかります。光熱費については平均すると毎月5,500〜6,500円程度が多く、3月は家にいる時間が長かったこともあり普段以上にかかった印象でした。節約すれば減らすことも可能ですが、そこまで大きく減らせるものでもありません。ジムの会費も毎月かかる固定費です。

では、このうち流動費に当たるのは何でしょうか? 3月でいうと財布購入の23,760円と交際費、食費が流動費に当たります。送別や出産のプレゼントは減らすことはしたくありませんし、財布購入もしなくても済むと言われればそれまでですが、無駄なお金だとは思いません。

また、食費についても一人で8,000円弱なので決して使いすぎではないと思います。減らせるとすると現金使用の交際費の夕食代ですが、それまで削ってしまうと心が貧しくなってしまいそうです(笑)そもそも、3月については友人との約束も無くしたため通常よりも交際費は少ないです。そこから考えても、交際費は最低限と考えられそうです。

…とすると、気になるのは固定費ということになります。

固定費について考察する。

3月の出費を固定費と流動費に分けて考えると次のようになります。

固定費

  • 固定費(家賃、ジム等、通信費=絶対減らない)
    ‥‥103,977円
  • 固定費(光熱費=節約で若干減る?)
    ‥‥7,047円
  • 固定費(自分でどうにもできない=税、社会保障)
    ‥‥5,583円
  • 固定費(食費のうち日常必要最低限=減らせない)
    ‥‥7,427円

合計 124,034円

私の3月の出費は現金、キャッシュレスを合わせて169,063円でした。つまり、そこから固定費を引くと45,029円。つまり使ったお金の7割が固定費で流動費としては5万円も使っていなかったということになります。3月は出かけることもできなかったのでいつも以上に使っていなかったのも事実ですが、趣味嗜好品などにはほとんど使っていないことがわかります。

また、固定費のうちの90,500円が家賃で、これは住んでいる限り努力で減らせるものではありません。と考えると、部屋を決める際に家賃のことはよく考えておく必要があるなぁと反省しました。私は今の部屋が気に入っているため家賃節約のためにすぐに引っ越そうとは思いませんが、固定費の半分以上を家賃が圧迫していることを考えると、家賃問題は大きそうです。

まとめ

外出自粛によって全然お金を使わなくなった3月。「こんなに使っていないなら支出は少なくなったのでは?」と思ったのにそこまで減っていなかったことから、固定費について考えるきっかけになりました。

30万円の手取りのうち4割以上が固定費として毎月必ず出ることを考えると、固定費をいかに抑えるかということが節約に繋がりそうです。逆に言えば、節約のために流動費をこれ以上削ってしまうと、私の理想とする「気持ちよくお金を使える豊かな生活」はますます遠ざかってしまいそうだなぁと思いました。

引っ越さない限り家賃は減らないので、固定費節約において今の私にできることは携帯料金を見直すことかなと思います。現在カケホーダイはほぼ使えていないので、夏に料金変更ができる時期がきたら考えたいです。また次に引っ越す時には、家賃についてもっと考えるようにしたいと思うようになりました。

逆に、今回の経験で流動費はそれほど使っていないこともわかりました。お金を貯めるばかりでなく、上手に使えるようになりたいと思っている私。ケチケチせずに「使いたい」と思えるところには使っていきたいと思います。