おすすめ

スピード写真より安い! アプリを使えば証明写真は30円で撮れる。

先日、証明写真が必要な場面がありました。撮りに行くためスピード写真の設置場所を調べていると、もっと安く撮れるという情報を見つけました。

どうやら、今はアプリとコンビニで安く手に入るようです。ケチには朗報! と早速試してきましたが、とても簡単でした!

ご紹介します。

証明写真アプリ【履歴書カメラ】

今回使ったのは、【履歴書カメラ】という証明写真アプリです。使い方と良かったポイントをご紹介します。

スマホで写真を撮る

まずは写真を撮るところから。もちろん自撮りですが、便利なアプリがありました。その名も「履歴書カメラ」。App Storeで検索するとすぐに見つかりました。

アプリを立ち上げると、「撮影する」と「印刷する」のボタンが表示されます。「撮影する」を選ぶとカメラが立ち上がるのですが、頭の頂点とあごのラインがわかるようになっているので、どの大きさで写ればいいかが一目でわかるのが良かったです。

撮るコツとして、目線や口角、背景についてのワンポイントアドバイスもありました。普段証明写真を撮ることのない私にとっては忘れているポイントばかりで、ありがたいなぁと感じました。

また、内カメラと外カメラの切り替えや、すでに撮ってある写真を使うこともできます。そこも便利なポイントだと思いました。

私は自分の写真がなかったため、部屋で撮影しました。写真の苦手な私は、一回きりの撮影は緊張するし失敗できないプレッシャーがあるのですが、こちらは何度でも撮り直しが可能なのが良かったです。

連写して、いいものを選ぶなんてことも可能です。慣れない自撮りに苦戦しましたが、なんとか使えそうな写真を撮ることができました。

修正とサイズ選択をする

写真は複数枚撮ったものが全て保存されているので、見比べながら選ぶことができます。

使うものを選ぶと、次にできるのが「肌補正」と「くま消し」です。肌の補正は清潔感健康的華やかの3種類から選ぶことができます。私は清潔感を選択しました。なお、くま消しはあまり違いがわかりませんでした笑

写真が仕上がると、次にサイズの選択ができます。履歴書用運転免許用マイナンバーカード用の3種類と全て入ったセットパックがありました。選択すると、Lサイズの紙に収まるように配置されます。

これでひとまず完成です。自分で証明写真を用意する際、写真の大きさの調整が面倒なのですが、ボタン一つで簡単に変えられるのが便利だなぁと思いました。

こちらの写真は、iphoneでは写真アプリに保存されていました。

印刷アプリ【かんたんnetprint】

写真が用意できたら、次は印刷です。

印刷には【かんたんnetprint】というアプリを使いましたが、こちらもとても簡単でした。

まずは家で準備

家のプリンターで印刷できる人は、プリンターに接続するか写真をパソコンに送ってから印刷することができます。この方法だと用紙とインク代だけで済むので、一番安く証明写真を手に入れることができます。

私はプリンターがないため、コンビニで印刷することにしました。コンビニで印刷するを選ぶと、セブンイレブンローソンファミリーマートのどちらかを選択する画面になります。

私はセブンイレブンを選択したのですが、印刷するコンビニによって必要なアプリが違うようです。セブンイレブンの場合は「かんたんnetprint」をダウンロードすることで、登録せずにスマホの写真が印刷できます。

かんたんnetprintも初めてだったので不安でしたが、とても簡単でした。

まず右下の「+」をタップして印刷したい写真を選びます。すると用紙サイズなどの設定を選べるようになります。証明写真の場合は「フォト用紙L」「カラー」を選べば大丈夫です。

かんたんnetprintはデータを登録するため「誰かが間違って予約番号を入力したら見られてしまうのでは?」と不安に思いましたが、有効期限が設定されており一定期間で削除されるようです。

また、セキュリティを強固にするために暗証番号を設定することもできます。私は心配性なので、暗証番号も設定しておきました。

登録が完了すると、プリント予約番号が発行されるので、こちらを控えれば準備完了です。スマホの場合はスクショできるので簡単ですね。

準備ができたらコンビニへ

コンビニのプリンター操作も簡単でした。「プリント」→「ネットプリント」を選ぶと先程のプリント予約番号を入力する画面になるので、入力するだけ。無事、登録しておいた写真が表示されました。

料金もL版プリントにかかる30円のみで、4枚の証明写真が手に入りました。コンビニのコピー機をほとんど使ったことのない私でも簡単に操作できました。

これまで撮ってきた証明写真あれこれ

証明写真アプリにたどり着くまでに、私も色々試してきました。中には失敗だったな〜と思うものも。ご紹介します。

高かったのに失敗だった写真館(笑)

写真館での撮影は、初めての就活の時でした。いい写真じゃないといけないという就活本の情報に翻弄され、1万円払ってデパートに撮りに行ったのです。(今思うとめちゃくちゃ高いですね笑)

美容院でのメイクもセットになった就活プランでしたが、いかんせん顔が変わるわけではないのでガッカリした記憶があります。笑

写真はプロに撮ってもらえますが、写真慣れしていない私は緊張でガチガチになって硬い表情になってしまいました。また、数枚撮った中から選べるのですが、見られている中なかなか決められないのでしんどかった印象があります。

この写真はお金をかけた割に仕上がりもイマイチで、使うのにあまり気が進みませんでした。ほんと残念でした(笑)

安い割によかったスピード写真

そんな私が次に試したのがスピード写真です。スピード写真のいいところは、プリクラのように写っている自分の顔が見えること。自分の表情が見えるので写真嫌いでも映りやすく、便利だなぁと思いました。

また、背景やライトの設備も最低限整っているし、機種によっては肌補正もできたのでコスパでいえば写真館よりずっといいと考えました。

実際今勤めているところは、スピード写真で撮った証明写真で通りました。就活生の人に出会ったら教えてあげたいです。

スピード写真で十分だよ。笑

その後、何回かスピード写真も利用しました。スピード写真も十分使えます。でも、便利さと安さでは今回のアプリの勝ちでした。

まとめ:30円で撮れるアプリの証明写真は安くて便利

今回は用途が大したことなかったので、とにかく安さ重視で選びました笑。

ライトもありませんし、決して設備は良くなかったですが、自分で撮っているため何度でも撮り直しができることや、簡単な補正はできること、そして何と言っても安さが魅力でした。

就職活動のような正式な場ではもう少しちゃんと撮った方がいいのかもしれませんが、とりあえず写真がいるというような場面では十分に対応できるものだと感じました。

トータルでは大満足です。あと3枚残っていますが、なくなったらまたこちらを使いたいと思います。