雑記

「爪にできる白い点」は幸せの証?

小学生の頃、爪に白い点ができると「この白い点が一番上までいくといいことがある」というジンクスが流行っていました。

ところが、大学になってから友人に聞くと「そんな話聞いたことない」と。それどころか「白い点って不健康の印じゃない?」と言われ、それ以来不健康の印と思って生きてきました。

そんな私ですが、先日ふと気になって調べてみると爪の白い点に関する新たな情報を見つけました。ご紹介します。

「爪の白い点は幸せ説」は存在した!

この説、私の小学校だけで流行ったものではなく確かに存在しました。

手相学とスピリチュアルの両面で、「白い点は幸運の証」と考えられているようです。

手相学

白い点が爪の根元に現れてから爪の伸びと一緒に上に上がるまでの3〜4ヶ月間が「あなたにとっての幸せ」が起こる期間になります。手相学では、爪の白い点を「幸運の白点(はくてん)」と呼びます。

スピリチュアル

爪の白い点ができたときは、幸運のサイン。爪の白い点は「爪の星」と言われていて、昔からいいことがあると言われています。爪に白い点がある間は、幸運のチャンス期間です。

私が小学生の頃に聞いた話と少し違うのは、「上までいくといいことがある」ではなく、「爪にある間ずっといいことがある」という点。

それならもっといいやん!

そう! 白い点は喜んでも良かったようなのです。調べてみるものですね。二十歳頃からの10年ちょっと勿体無いことをしました笑

「爪の白い点」はどの指にできるかによって意味が変わるらしい。

爪の白い点について調べを進めると、さらなる情報が出てきました。

こちらは今回初耳だったのですが、どの指の爪にできるかによって起こる幸運の意味が変わってくるそうです。

五本の指のいずれかによって違う説

親指好きな人や恋人、援助者の出現など愛情関係の喜びや幸運。
人差し指栄転や仕事に関する幸運。夢や希望が叶う。
中指移動、旅行、転勤や引越しに関する喜びや幸運。
薬指配偶者の出現、名誉や名声が手に入る喜び。
他人に評価される、結婚や金銭的な幸運。
小指不動産、臨時収入など金銭関係での幸運。子供に関する幸運。

右手か左手かによって違う説

また、白い点ができたのが左右どちらの手なのかによっても意味が異なるという説もあります。

右手 : 自分がアクションを起こす側になる・・・行動すべき
左手 : 相手がアクションを起こす側になる・・・行動すべき

色々あるのですね。面白いです。

3つ以上できたときは要注意?

爪の白い点は幸運の証とする説においても、3つ以上はそうとも言えない場合があるようです。

このとき、違う指に1つずつなら大丈夫らしいのですが、同じ爪に3つ以上の白い点ができてしまったときは、要注意とのこと。健康に注意という暗示とされています。

やっぱり爪の白い点は健康問題とも関係あるみたい。

「爪の白い点」は病気のサイン説も存在する。

3つ以上は要注意説からもわかるように、やはり健康問題とはきれない関係にあるようで、「爪の白い点は病気のサイン」という説も確かに存在しました。

爪の白い点の原因として一般によく言われる説の一つにカルシウム不足がありますが、科学的な関連性は証明されていないそうです。では、この白い点は一体何なのでしょうか。

これらは、点状爪甲白斑乳白色斑点と呼ばれ、多くの場合は爪に残された古傷の跡(机の角に指をぶつけたり)で、病気とは全く関係がない良性のものだそうです。

注意した方がいい例も。

爪には点状ではなく、1〜2mmの線状の白斑が現れることもあります。これらは、鉛やヒ素などの中毒症状や内臓疾患などが原因ということも考えられ、要注意だそうです。

また、ぶつけた時にできる白点は爪の成長とともに爪先に移動して消えますが、腎疾患などによる帯状の白線は日が経っても移動しないことが多いそうです。

そういったところからも、注意すべき白斑は見分けられそうです。

「爪は体の窓」と呼ばれており、健康状態を表すサインが出やすい場所と考えられています。

爪甲白斑については心配がないことも多いですが、おかしいなと思ったら自己判断で放っておかない方がいい場合もありそうです。

「爪の白い点」は幸せの証と思うと幸せ。でも健康にも気をつけよう。

小学校の頃に流行った「爪にできる白い点は幸せの証」説は、手相学スピリチュアルにおいて確かに存在しました。

一方で、大学の友達のいう「不健康」説も軽視してはいけないようです。

多くの場合は問題ないとされる爪甲白斑。子供の方ができやすいそうで、このところほとんど見なくなりましたが、できたとしてもあまり心配する必要はなさそうです。きっとどこかにぶつけた跡なのでしょう。

でも、「ぶつけたんだろな」と思うよりは、「幸せの証だ。きっといいことがある♪」と思った方が、幾分いいことがありそうですよね。

せっかくならいい方に考えたいものです。

ただ、爪が健康状態を表すというのも事実。異変が現れた時にはしっかりと観察し、正しく判断できるようにしたいものだなぁと思います。