お金

手数料節約!契約書のコピーで車庫証明書を取得するためにやったこと。

先日新車契約をした私。それに伴い、新たに車庫証明書を取得する必要が出てきました。

ところが、車庫証明書の取得において賃貸駐車場の場合に必要になる「保管場所使用承諾証明書」の発行手数料が12,000円もかかることがわかりました。

そこはケチ根性。「数千円ならともかく高すぎる」と思い調べて行動した結果、最終的に保管場所使用承諾証明書なしで車庫証明書を手に入れることができました。

ご紹介します。

車庫証明書とは

車庫証明書とは、自動車の保管場所があることを証明する書面のことです。正式名称は、自動車保管場所証明書といいます。

自動車を購入し、自分の車として登録する(ナンバーを取得する)際に必要で、新車・中古車どちらでも必要です。また、車の保管場所が変わった時にも必要になります。

車庫証明書の交付を受けるには、保管場所の住所を管轄する警察署に申請し、保管場所の確認を取ってもらう必要があります。(住んでいる自治体によっては車庫証明書が不要な場合もあるようです。)

車庫証明書に必要な書類

車庫証明書を取得するには、必要書類を揃えて警察署に行く必要があります。

調べてみると、必要書類は次の通りでした。

※1:保管場所使用承諾証明書が用意できない場合、駐車場の賃貸借契約書のコピーで可の場合もあります。
※2:本人が申請書類を提出する場合は確認のみ。本人以外が提出する場合はコピーが必要です。

ここで問題になるのが、駐車場を借りている人が必要になる「保管場所使用承諾証明書」です。

一般的には数千円程度で発行してもらえることも多いようなのですが、私の場合は駐車場契約書によると12,000円もかかるようでした。

12,000円はちょっと高いなぁ・・・

ハンコをもらうためだけにそれだけ払うのもな〜と思っていると、この証明書は「賃貸契約書のコピー」でも代用できることがあるという情報を見つけました。

ただし、代用できるかどうかは発行する自治体の警察署によって異なるとのこと。

悩んでいてもわからないので、私も早速警察署に電話をしてみることにしました。

警察署に確認してわかったこと

平日は仕事があるため、時間の節約のために電話で確認してみました。

わかったことは以下の2点です。

確認①:保管場所使用承諾証明書の代わりに駐車場の契約書のコピーを使うことはできるのか

自治体の警察署に問い合わせてみると、「可能」ではあるけれども、条件があるという返事でした。その条件というのは、次の通りでした。

  1. 保管場所使用承諾証明書と同じ内容(住所、契約期間、名前、管理会社など)が記載されていること。
  2. 「契約書のコピーを保管場所使用承諾証明書の代わりに使うこと」について管理会社の了解を得ること。

①の方は問題なくクリアできたのですが、気になるのは②でした。

管理会社にとって保管場所使用承諾証明書は手数料収入で美味しいところだろうと想像されます。とすると、素直に話してしまうと使わせてもらえないかもしれないと思ったのです。

ただ、警察署の方から条件として出されてしまった以上、嘘をつくわけにはいきません。

「ダメかもしれないな〜」と思いながら、管理会社に電話することにしました。

確認②:駐車場契約書の書面上の契約期間が切れている場合、使えるのか

警察に確認をした時、私にはもう一点不安なことがありました。

それは、駐車場契約の契約書が自動更新のため、現在も契約中にも関わらず書面上の契約期間が切れてしまっていることでした。

こちらについては「現在支払っていることがわかる領収書があれば使用できる」という答えでした。

私は銀行引き落としのため領収書はなかったのですが、「支払い請求葉書」「引き落とし口座のコピー」を用意しました。

【保管場所使用承諾証明書の代わりに契約書のコピーが使えるか】管理会社への問い合わせの内容と結果

問い合わせをする前に、再び検索をしました。

そうすると、管理会社によっては親切にも「お住まいの都道府県によっては契約書のコピーを使えるのでお使いください」と案内している管理会社もありました。

ところが、残念なことに私のマンションの管理会社はそのようなことを一言も書いていませんでした。そうなると聞くしかありません。決心してダイアルを押しました。

管理会社とのやりとり一部始終

ぽむ

すみません、車庫証明書についてお伺いしたいのですが。

保管場所使用承諾証明書の代わりに駐車場契約書のコピーを使わせて頂いてもよろしいでしょうか?

管理会社の人
管理会社の人
車庫証明書ですね。車庫証明書を取得するための保管場所使用承諾書が必要な場合は、申込書と手数料の振り込みが必要になります。

ぽむ

違うんです。
車庫証明書が必要なのですが、私の自治体では契約書のコピーで代用が可能らしいんです。

なので、保管場所使用承諾証明書は必要ないのですが、代用しても構いませんか?

このような問い合わせがないのか、2〜3度同じ説明をした後、管理会社の方は上に確認しに行って下さり、最終的に契約書での代用を認めて頂くことができました

管理会社の回答結果

「車庫証明書には保管場所使用承諾証明書が必要」というのが一般的であるからか、「車庫証明書が欲しい」という話をすると保管場所使用承諾証明書の発行の話になってしまいました。

けれど、説明次第で承認も得られるということがわかりました。

私と同じように管理会社への確認が必要と言われてしまった場合は、諦めず一度電話をしてみてください。

なお、説明しても承諾してもらえなかった時は、手数料を払って発行してもらうことを覚悟しておいた方がいいと思います。(私も12,000円払うつもりで電話しました)

まとめ:面倒な面もあるが、保管場所使用承諾証明書なしで車庫証明書を手に入れることはできる

警察や管理会社に確認の電話が必要だったり、お住まいの都道府県によってはルール上無理な場合もあるかもしれませんが、駐車場契約書のコピーでも車庫証明書を手に入れられるということがわかりました。

ただ、何度も繰り返しますが都道府県によって必要書類の取り決め等が違うようです。面倒ですが、必ず確認された方がいいかと思います。

また、今回私は上手くいきましたが、警察署でOKが出ても管理会社が認めないというパターンもあるかもしれません。けれど、節約できるお金なのだとしたら、少し手間をかけてみるのも悪くないのかなと思います。

私は結果的に12,000円節約できたのに、株の2万円のミスのせいで気持ち的にはまだ赤字です笑。でも、問い合わせてみて良かったなぁと思いました。