おすすめ

笑えるオススメ映画。三谷幸喜監督映画全部見たアラサーが選ぶ三谷作品3選。

映画鑑賞が趣味の筆者。映画館で見る派で、三谷幸喜監督作品も「THE 有頂天ホテル」以降は全て映画館で見てきました。

もともと三谷監督ファンだったのですが、それでも当たりハズレはあります。でも、せっかくだったら面白い作品を見て良さを味って欲しいと思うところ。

そこで、全8作を見たアラサーの視点で選ぶオススメ作品3選をネタバレなしでご紹介します。

三谷幸喜監督オススメ作品【第3位】清洲会議

6作目。2013年

天正10年(1582年)本能寺の変。一代の英雄織田信長が死んだ――。跡を継ぐのは誰か?後見に名乗りを上げたのは2人。筆頭家老・柴田勝家と後の豊臣秀吉。勝家は、信長の三男でしっかり者の信孝を、秀吉は、次男でおおうつけ者と噂される信雄を、それぞれ信長の後継者として推す。そして、開かれる清須会議――。会議に出席したのは4人。勝家、秀吉に加え、勝家の盟友であり参謀的存在の丹波長秀、立場を曖昧にして、強い方に付こうとする池田恒興。繰り広げられる一進一退の頭脳戦。様々な駆け引きの中で騙し騙され取り巻く全ての人々の思惑が猛烈に絡み合う!勝家派か?秀吉派か!?

題材が歴史上の出来事(清洲会議)という異色の作品です。それゆえ、三谷幸喜監督作品としては真面目だと受け取られてしまう部分も否めないかもしれません。

けれど、歴史上の出来事に上手くコメディ要素が取り入れられており、面白い作品に仕上がっていると思います。

歴史とコメディのバランスが秀逸で、歴史を楽しみつつ笑える要素も大いにある、私のお気に入りの作品です。

なお、三谷作品ではありませんが歴史物コメディ「超高速参勤交代」は、私は面白くなかったタイプの人間です。そんな方にも是非オススメしたいです。

私の選ぶ、一番好きなシーン。

「ビーチフラッグス対決」

戦国武将たちのまさかのビーチフラッグに大爆笑です。走りにもそれぞれのキャラクターが出ています。ここだけたまに見たくなるレベルです笑。

歴史ものでありながら、気楽に笑える良作です。是非見てください。

三谷幸喜監督オススメ作品【第2位】ザ・マジックアワー

4作目。2008年

港町・守加護(すかご)。街を牛耳るギャングのボス・天塩の愛人・マリに手を出してしまった手下のホテル支配人・備後は、天塩に捕まり絶体絶命となってしまう。助かる唯一の条件として天塩が示したのは、5日以内に幻の殺し屋“デラ富樫”を連れてくること。条件を飲んだ備後だったが、そう簡単に見つかるわけもなく、最後の非常手段としてニセモノを用意することに。そこで備後は、映画監督になりすまして無名の俳優・村田大樹を雇うと、映画の撮影と称して彼に殺し屋“デラ富樫”を演じさせ、天塩の前に差し出すのだったが…。

三谷幸喜監督4作目の映画です。声を抑えられず、映画館で声を出して笑ってしまったことが思い出されます笑。

ストーリーは、ボタンのかけ違いからどんどんおかしな方向に進んでいきます。絶対おかしいのに中々バレないのはご愛敬。でも面白いです。

何より、滅茶苦茶なストーリーなのに笑わせるだけでなく最後には感動もあるのがこの作品の素敵なところ。一つの作品としてのまとまりにアッと言わされる作品です。

さすが三谷幸喜さん!何度見ても面白い、大好きな映画です。

私の選ぶ、一番好きなシーン。

「デラ富樫とボスの初対面シーン」

序盤ですが、映画館で思わず声を出して笑ってしまいました。

佐藤浩一さんの演技と西田敏行さんの反応が絶妙で、今でも思い出すだけでニヤけてしまいます。

これぞ名シーン!

他にも面白いシーンが満載です。是非見てください!

三谷幸喜監督オススメ作品【第1位】ラヂオの時間

1作目。1997年

生放送のラジオドラマを控え、緊張気味のスタジオ。初めて書いた脚本が採用された主婦のみやこも、直前のリハーサルを見学していた。そんな中、突然主演の人気女優が設定を変えたいと文句を言い始める。困り果てたプロデューサーは、みやこに脚本の書き直しを依頼。だが他の出演者も口々に不満を漏らしはじめ、メロドラマだった物語は次第にアクションへと変貌してゆく。

三谷幸喜監督の初映画監督作品。私が三谷監督ファンになるきっかけになった作品でもあります。

本作は、ドタバタコメディもの。三谷作品らしく個性豊かな登場人物がたくさん出てくるのですが、それぞれのキャラクター設定がとにかく秀逸です!

個性豊かだけれど勝手な主張をする登場人物たちに振り回される展開が続きますが、最後には・・・。

ほぼラジオのスタジオのみで演じられており、詰め込み過ぎていないのもこの作品の好きなところです。時間も100分程度で丁度よくまとまっている感じがします。

映画でありながら舞台っぽさがある作品です。

私の選ぶ、好きなセリフ。

「どうして彼女がメアリージェーンで僕は虎造なんだ。」

あとは是非、見てください。1作目にして傑作です。

まとめ

以上、三谷幸喜監督の映画作品8作を全て見たアラサーのオススメする三谷作品3選でした。

映画も好みのものだと思うので、異論は認めます笑。

でも、私の独断と偏見で選んだこの3作は、どれも繰り返し鑑賞している大好きな作品です。

面白いだけでなく心温まる要素もあるので、気楽に見て明るい気持ちになりたい時にオススメです。

実は、最新の「記憶にございません!」が好きになれず、三谷ファンとしては悲しくなっていたところでした。(これも好みの問題かもしれませんが・・・)

けれど、これまでの作品が好きな気持ちは変わりません。

そして、多くの人に良さを味わって欲しいなぁと思い、今回紹介するに至りました。次こそ、面白い作品の復活を期待しています。

次点も紹介したいところですが、今回はひとまず3作品。

アマゾンプライム会員の方なら無料で見ることができます。是非見てみてください。

⬇︎映画を見るならAmazonプライムがおすすめ⬇︎

⬇︎無料で見たい方は31日間無料トライアルで見られるU-NEXTで⬇︎