おすすめ

無印のフットカバー3種履き比べてみた。見えない?脱げない?おすすめはどれ??

無印良品のフットカバーがいいらしいと聞きつけて、先日買いに行ってみたのですが「フットカバー」と名のつくものが数種類あり、履いたときの形もわからなかったので履き比べて見ることにしました。実際に履いたときの形や、履いて過ごした感想をご紹介します。

無印良品「えらべる靴下」(3足690円)

今回購入したのは無印良品の「えらべる靴下」シリーズ。以前は3足790円だったものが、価格改定で消費税込み3足690円になっています。1足230円なのでとても安いですね。

私はバレエシューズとパンプスを履くことが多いので、はみ出さない浅履きのものが好きです。

そこで浅そうなものを選び、実際に履いて比較してみることにしました。選んだのはこの3種です。

かかと滑り止め付きフットカバー 薄手

かかと滑り止め付き 浅履きフットカバー

つま先ワイド脱げにくい 綿混 フットカバー

今回は、次の3点について重点的に比較してみたいと思います。

  • 履き心地
  • 履いたときの形
  • 脱げにくさ

かかと滑り止め付きフットカバー 薄手

履いてみたところ、思ったよりも甲を覆っている面積が大きかったです。

「これでは見えてしまうなぁ」と履いた瞬間思いましたが、パンプスやバレエシューズからは完全にはみ出してしまいました笑

生地は割としっかりしている感じ。薄手とは書いてありますが、安心感があり良かったです。

1日履いて過ごしましたが、走っても脱げる気配は全くなし。

ちなみに、パンプスはダメでしたが、スニーカーなら見えなかったです。

私はスニーカーをほとんど履かない人間なので残念な感じでしたが、スニーカーが多い方は、こちらでもいいのかなと思います。

かかと滑り止め付き 浅履きフットカバー

浅履きと書かれているだけあって、かなり浅目でした。

指を覆っているだけで甲は完全に出ている状態。

パンプス、バレエシューズを履いたときも全く問題ありませんでした。

生地はとても薄くツルッとしている感じ。でも、裏にはクッションがあって足には優しい感触でした。

足を覆っている面積が非常に小さいのですが、1日履いても全く脱げなかったです。

滑り止めがいい効果をもたらしている様子。

かなり好感触な靴下でした。

つま先ワイド脱げにくい 綿混 フットカバー

浅履きよりはもう少し足先を覆っている面積が広いタイプでした。

指の付け根から1.5~2cmはある感じです。

なので、浅目のパンプスでは縁が見えてしまいました。

黒の靴ならありかなと思いましたが、全く見せたくない方は選ばない方がいいかもしれません。

あと、写真ではそこまでわかりませんが、生地の目が少し粗いのが気になりました。

脱げにくさについては、こちらも1日履いても全く問題ありませんでした。

えらべる靴下 浅履きしたい時のおすすめは?

「脱げにくさ」という点に関しては3種類とも心配なく、一日中全く気にならなかったので良い商品だと思います。

ただ、パンプスから見えないかという点については、「浅履きフットカバー」以外の2つははみ出てしまったので、私は使いにくいかなと感じました。

個人的には、次からは浅目のパンプスを履いても見えない「浅履きフットカバー」を選ぶと思います。

あと、生地感も3種類とも違いました。履き心地の点では「かかと滑り止め付きフットカバー」がいいかなと思います。

まとめると次の通りです。

パンプスからの見えにくさ
浅履き > つま先ワイド > かかと滑り止め付き薄手

履き心地
かかと滑り止め付き薄手 > 浅履き > つま先ワイド

普段履いている靴によって、どれがいいかは違ってくると思います。ただ、どれも脱ぎにくくコスパもいいので、良い靴下だなとは感じました。無印のえらべる靴下、おすすめです。

悩んでいる方は参考にしてみて下さい。