ふるさと納税

ふるさと納税で失敗。〇〇しなかったせいで損した話

今年も順調にふるさと納税をしている私。ケチゆえ下調べをしまくるので上手くやっていると自負していたのですが、今回一つ失敗してしまったことがあります。まさかの落とし穴でした。

お買い物マラソンを待つ間に寄付額が変わってしまった。

今回私を後悔させたふるさと納税はこちら。

奈良県王寺町が返礼品として出している「雪丸フライパン3点セット」です。

「フライパン20cm」「フライパン26cm」「玉子焼」の3つがセットになっていて、ガス火・IH調理器どちらでも使える優れもの。

もちろんテフロン加工がされています。

私がこれを欲しいと思ったのはかれこれ1ヶ月前。

そろそろフライパンを買い換えたいと思っていたところだったので、ふるさと納税でお得な商品を探した結果一番良さそうだと思ったのがこれでした。

でもこれ、もとから12,000円ではなく、私が見つけたときは10,000円だったのです。

3つで10,000円てめちゃくちゃお得ですよね!!

その時すぐに寄付申込をすればよかったのですが、楽天マラソンでよりお得に納税したかった私

その時は他に納税したいものが見つかっていなかったため、もう1ヶ月先送りして次のマラソンの時に納税しようと決め、こちらはカートに追加して後で申し込みすることにしてしまったのでした。

そして1ヶ月後の先日。

ようやく他の購入品も選び終え、マラソン最終日に順番に購入手続きを進めていた時に問題が!!

他の商品と同じように「ご購入手続き」のボタンを押したところ、見たことのない言葉が表示されたのです。

「商品情報を更新しています。」

更新??なんじゃそりゃ?在庫ないとかないよね??
今日申し込みできなきゃ意味ないのに!

そんなことを思いながら不安に画面を見つめていたところ、画面の読み込みが終了。

すると、恐ろしいことに寄付金額が10,000円から20%増の12,000円に変わっていたのです。

ふるさと納税の寄付額も変わらないと思っていたわけではありません。

でも、政府からの通知があったわけでもない、節目でもない、こんな時期に急に金額があがるなんてことは全くの想定外でした!!

お買い物マラソンで得するつもりが、こんなことになるなんて・・・

今回得た教訓です。

「ふるさと納税」は、決めた時にすぐに申し込みをしないと、金額が上がって損することがある。

「ふるさと納税」も突然金額が変わることを想定しておくべき。

普通のお買い物なら、金額が変わるというのは日常茶飯事でいつ起きてもおかしくない話。

それなのに、「ふるさと納税」は通知や年度の節目以外に金額が変わらないと思い込んでしまっていたのが間違いでした。

普段ならここで購入を見送るのが私ですが、今回は「寄付だしいいか」と言い聞かせ、申し込みをしました。それでも、損してしまったという気持ちが強くて未だにスッキリしてません笑

今回は全くの想定外だったためにとても後悔することになってしまいましたが、この教訓を生かして次回からは変わるかもしれないことを想定して申し込むタイミングを考えたいと思います。

みなさんもお気をつけ下さい。