ふるさと納税

【ふるさと納税】一人暮らしOLが2020年に選んだおすすめの返礼品は? ②

一人暮らしにとっては、量が多すぎたり保存する場所がなかったりと選ぶのも大変なふるさと納税。その上ワンストップ納税で簡単に済ませたい筆者は毎年調べまくっています。

今回は、そんな私が選んだ2020年のふるさと納税返礼品第2弾をご紹介! 11月に申し込んだ5自治体の中の3自治体に再度寄付し、8万円の納税を完了させました。ご紹介します。

2020年ふるさと納税1回目に選んだもの

2020年一回目のふるさと納税では5自治体に47,500円の寄付をしました。5自治体以内にしたい私にとっては、どの自治体を選ぶかがとても重要。悩みに悩んで選んだのは次の5つでした。

自治体返礼品金額
北海道鹿部町焼鮭ほぐし5本セット10,000円
奈良県王子町雪丸フライパン3点セット12,000円
山形県酒田市米の娘ぶたみそ漬けセット10,000円
兵庫県洲本市淡路島玉ねぎ生ハンバーグ5,000円
福岡県福智町博多若杉牛もつ鍋(4〜5人前)10,500円

それぞれの詳細については、以下の記事にまとめてあります。

食費の節約になるお米

食料品の中で絶対に消費するものの代表であるお米。今回は2自治体からお米の返礼品をもらうことにしました。

【兵庫県洲本市】淡路島鮎原米ヒノヒカリ (5kg) 5,000円 

洲本市はお米の返礼品が数種類あります。5kgもヒノヒカリ、キヌヒカリ、コシヒカリを選ぶことができ、コシヒカリだけ1,000円高い6,000円でした。

とても悩みましたがとりあえずヒノヒカリに。ちょうどお米がきれかけていたので有り難いなぁと思いました。

【山形県酒田市】つや姫真空米1kg×5本セット 10,000円

こちらは少し高いのですが、真空になっている上に小分けされているのが魅力的。真空状態になっているので未開封なら常温で6ヶ月はおいしいさを保つことができるそうです。

お米を買い損ねて困ることが時々あるので、常備しておくにはいいかなと思って申し込んでみました。

酒田市のお米については、前回豚の味噌漬けをもらったときから気になっていたもの。みそ漬けも予想以上においしかったのでリピートすることも考えたのですが、すぐ届いてしまうので賞味期限も考えて今回はお米のみにしました。

お米もおいしかったら、また酒田市に納税したいなと思います。

食べきりサイズの海鮮

ここからがすごく悩みました。冷凍庫も余裕がなく、あまりたくさんきても困るなぁというところ。

そこで、好物のいくらと明太子がセットになった食べきりサイズの返礼品を選んでみました。

【北海道鹿部町】丸鮮道場水産 北海道産昆布味明太子といくら醤油漬け食べ切り詰合(計440g) 10,000円

賞味期限:90日

こちらは小分けになっているのが魅力的な返礼品でした。どちらもナマモノなので解凍してしまうともちませんが、明太子は120g×2個、いくらは100g×2個に分かれています。

再冷凍できないものは、一つ一つが食べきりサイズになっていると一人暮らしにはとても有り難いですね。

ちょこちょこ解凍しながら3ヶ月以内に食べ切ってしまいたいと思います。

一人でも食べ切れる? 牛肉は冷蔵で。

肉は食べきれないからと避けてきましたが、今回選ぶものがなくなってしまい牛肉にも挑戦してみることにしました。

ポイントは多すぎないことと、ちょうどいい量に小分けにしてからサッと冷凍してしまえるところです。

【兵庫県洲本市】淡路ビーフ切り落とし(600g) 7,000円

量が多すぎても食べきれないなと思ったので、量より質と思って選んだのがこちらの牛肉です。なんといっても一人で食べ切れる量に小分けして冷凍できるのが◎

まだ食べていないので味はわかりませんが、おいしかったらいいなぁ。今から楽しみです。

以上、ケチな一人暮らしOLが調べまくって選んだ2020年の返礼品第二弾のご紹介でした。

年々寄付額は増えて2020年は8万円ちょっと。5自治体以内におさまるか心配でしたが、なんとかやりきりました!

残りのものも、届いたらまたレビューを書いていきたいと思います。