雑記

自分の疑り深さにやんなっちゃった話。

最近フィッシングメールが多くて嫌になっちゃいますよね。

私のところにもたくさんくるのですが、よく言えば「とっても慎重」悪く言えば「疑り深い」性格なので笑、企業からのお知らせメールには大体疑ってかかってしまいます。

そんな私のちょっと残念な話。

先日のこと、いつものようにメールボックスをチェックしていると、楽天銀行から次のようなメールが届いていました。

〇〇 〇〇様(メルアド)
楽天銀行をご利用いただきありがとうございます。

〇〇 〇〇様より口座振替契約のお申込をいただいております。
現時点では、口座振替設定は未完了のため、下記の[お手続き方法]をご確認のうえ、「口座振替(自動引落)の設定手続き」を完了させてください。

※本メール到着後、設定手続きを行わないまま13日経過した場合は本申込が無効となりますのでご注意ください。
なお、再申込につきましては、収納機関にお問い合わせください。

普通のメールですよね。

きっと普通の人ならば「そっか。口座振替設定しなきゃ。」と書いてある通りに手続きして終わりなのでしょうが、まず疑ってかかる私は一筋縄ではいきません。

というのも「口座振替」に心当たりがなかったから。

誰かに何か設定された?お金が抜き取られるかも??

色々考えた結果怖くなっちゃった私。想像していても仕方ないので上記のようなフィッシングメールがないかを検索してみることにしました。

すると、該当したのは楽天銀行のホームページ。

どうやら他機関からの引き落とし口座に楽天銀行を設定した時にくるメールのよう。

・・・しばし考える私・・・

そういえば、年末にクレジットカード作ったなぁ。それか?!

気持ちを落ち着けて楽天銀行アプリを開くと、ドンピシャ。イオンカードへの引き落としの設定でした。

自分やん!!

ということで、慌てて手続きを完了させ、無事引き落とし口座に設定することができました。(メールが来た時点でまずアプリを開けば良かったんですよね。)

さて、どこが悪かったのでしょう?? 

・・・一連の自分を思い出してみる・・・

というのも「口座振替」に心当たりがなかったから。

↑紛れもなく、この時の自分ですね笑。人を疑う前にまず自分を疑えっていう話です。

フィッシングメールや偽メール、怪しいメールは実際たくさんあるので何でも信じてしまうのは危険。

でも、人を疑う前に自分の行いをちゃんとおぼえておかなきゃいけないなと反省した私なのでした。

慌てて損した。
でも何事もなくて良かったです♪