雑記

ミスドのむぎゅっとドーナツ食べてみた【正直レビュー】

2021年6月11日にミスドから新発売された「むぎゅっとドーナツ」。

むぎゅっと??パンみたい???どゆこと????と、めちゃくちゃ気になったので、早速全4種全て買って食べ比べてみました。正直レビューです。

むぎゅっとドーナツ

2021年6月11日(金)新発売。

今まで以上に、もっと気軽に、もっと日常的に食べられるドーナツを求めて作られたというこの商品。国産の小麦粉と湯種製法から生まれた「むぎゅっと」した新食感が売りのようです。

むぎゅっとドーナツの味は次の4種類。

  • むぎゅっとドーナツ オリジナル(税込テイクアウト ¥140)
  • むぎゅっとドーナツ チーズ(税込テイクアウト ¥151)
  • むぎゅっとドーナツ レーズン(税込テイクアウト ¥151)
  • むぎゅっとドーナツ レーズンシナモン(税込テイクアウト ¥162)

選べなかったので、とりあえず4種類全部買ってみました。

見た目はちょっと不思議なねじり型。一個ずつは想像より大きかったです。

むぎゅっとドーナツ、食べてみた。

4等分してちょっとずつ食べ比べてみました。

まずは「むぎゅっとドーナツ オリジナル」から。

「むぎゅっと」の名の通りしっかりした噛みごたえ。口の中でむぎゅむぎゅしながら食べました。

食べてみるとほんのり甘い優しい味でした。

ゴールデンチョコのトッピングがついていたので、一緒に買ってきたやつがついちゃったのかと思いましたが、これには練りこまれているようですね。

ゴールデントッピング好きなので嬉しいサプライズでした♪

次に「むぎゅっとドーナツ レーズン」。

4分の1だったからかもしれませんが、あまりレーズンが入っていませんでした。

なので、あまりオリジナルとの違いが感じられず‥‥。レーズン好きなのでちょっと残念でした。

続いて「むぎゅっとドーナツ チーズ」を。

一目でチーズとわかるこちらは、表面にカリカリのチーズがしっかりとついていました。

生地は先ほどの二つと違い、ほとんど甘さを感じずしっかりチーズの味がするので、よりパンに近いように感じました。

おやつでもいいけど、朝ごはんやランチに良さそうなドーナツでした。

最後に「むぎゅっとドーナツ レーズンシナモン」。

4つの中で一番高いこちらは、表面にシナモンがたっぷりふりかけられていました。

食べてみると口の中にシナモンの香りが広がりました。

レーズンも今度はちゃんと感じられておいしかったです。(やっぱり場所によって入り方が違うのかもしれませんね。)

むぎゅっとドーナツ、おすすめは?

初体験のむぎゅっとドーナツは、ポンデリングのような食感がありつつ、でもパンのような不思議なドーナツでした。

意外だったのは外側のサクッと感。

表面がさくっとしていて中はすごく弾力があり、「弾力のある揚げパン」というのが一番わかりやすい表現なのかなと思いました。

さて、全4種食べた私が一つ選ぶなら、一位はほんのり甘い生地が朝食に良さそうな「オリジナル」です。

これにサラダとかハムといったおかずをつけてコーヒーと一緒に食べたらちょっと優雅な休日の朝ごはんになりそう♪

ただ、おやつとしては特徴があまりないので、普通のドーナツのような満足感はないかなぁと思いました。

・・・ということで、リピするかと言われると、私的には「リピなし」!

決しておいしくないわけではないのですが、私にとってはネット上で絶賛されているほどではありませんでした。(好みって人それぞれですね。)

一番近い「ポンデリング」があまり好みでないことも影響しているのかもしれません。

ただ、この「むぎゅっと」な食感は、確かにどのドーナツとも違う、初めての味わいでした。気になった方は一気に4つではなく(笑)、一つから試してみて下さい。