お金

楽天通常ポイントの使い道。最もお得にするためにドケチOLがやってる二本柱をご紹介!!

楽天経済圏な私。楽天カードや楽天市場でせっせとポイ活していますが、せっかく貯めたのならお得に使いたいというのが人間の性ですね。今回は色々試してきた筆者の「これ一択!」という使い道をやり方を含めてご紹介します。

楽天通常ポイントと期間限定ポイント

楽天ポイントには「通常ポイント」「期間限定ポイント」があります。

「期間限定ポイント」はその名の通り、それぞれ固有の「有効期限」が設定されているポイント。

期限は月末が多いですが、15日などが有効期限になっている場合もあるので、自分の保有ポイントの期限をチェックしておくことが大切です。

また、使える用途も限られていて、制限の多いポイントになります。

これに対し、使える用途や期限が幅広いのが「通常ポイント」です。

「通常ポイント」の期限は最後にポイントを獲得した月を含めた1年間。期間内に1度でもポイントを獲得すれば延長されるので、ほぼ無期限!

使える用途も幅広く、「1ポイント=1円」として楽天を介した様々なサービスに使うことができます。

通常ポイントは楽天カードの支払いに充当すべし。

さて、ここからが本題。

楽天の通常ポイントの使い道は色々ありますが、「楽天カードの支払いに充当する」のが一番お得です。

楽天カードの支払いに充当するというのは、購入時にポイントを使うのではなく一旦楽天カードで支払額を確定させておいて、あとでその支払額にポイントを使うということ。

レジで支払うときに楽天ポイント使うのと同じじゃないの?

このように思う方もおられるかもしれません。

でも、これが違うんですよね。

お店によってはそれでいい場合もあるけど、全てのお店でで使えるわけではないんです。
それより万能なのが、この「楽天カードの支払いに充当する」という方法になります♪

例えば「楽天ポイントカードor楽天ペイで支払いできるお店」かつ「還元率が1%以上」の場合は、ポイント支払いでOK!

でも、お店によっては楽天ポイントや楽天ペイで支払いができないお店や、ポイント支払いができたとしても還元率が0.5%のお店もあります。

その場合、一旦楽天カードで支払っておいてあとで利用額をポイントで支払うことで利用額の1%のポイント還元を受けつつ支払額を減らすことが可能に!!

楽天の公式でも次のように書かれています。

ただ、1点だけ要注意ポイントが・・・。

それは、楽天カードの支払いに充当できるポイントは「通常ポイント」に限られるということ。

期限や用途が限られる期間限定ポイントは楽天ペイのお店での支払いや楽天市場での端数の支払いで期限内に忘れず使うようにしましょう。

私の場合は、楽天ペイの楽天ポイント支払いの方がポイント還元が高いお店では「期間限定ポイント」でポイント支払いをし、その他のお店はカード払いをしておいて、あとで通常ポイントを充当するというように使い分けています。

これで、もらえるはずのポイントをもらい損なうことなく、うまく獲得しながらポイント消費することができます。

楽天カードの利用額を楽天ポイントで支払う方法は??

この「ポイントで支払いサービス」は受付期間が限られています。

受付期間は毎月12日(請求確定金額反映後)〜最長24日までです。金融機関ごとに受付締め切り日は異なるので、こちらから確認してください。

ポイントで支払いサービスの利用手順

❶「楽天e-NAVI」にログインする。

❷トップページの「ポイントで支払い」をクリックする。

❸「ご利用ポイント数」の欄にポイントで支払いたい額を入力する。

たったこれだけです。とても簡単ですね。

最初にも書きましたが、できる期間が限られているのでそれだけは注意しておく必要があります。

通常ポイントは楽天投資にも使っておくべし。

楽天の通常ポイントはポイント投資にも使うことができます。

このポイント投資のメリットとしては、「楽天ポイントコースに設定して月に500円以上のポイント投資(投資信託)をすることで、楽天市場でのお買い物が+1倍ポイント還元になること」があります。

こちらは設定してしまえば毎月自動的に購入することができるので、毎月購入する手間もありません。

SPUの+1倍還元は結構大きいので、設定しておくことをおすすめします。

でも、私も始めたのはつい数ヶ月前のこと。それまでは+1倍には魅力を感じながらも、できずにいました。

それは、こんな心配があったから。

毎月500ポイントも通常ポイント積み立ててたら途中でなくなっちゃわない??

けれど、そんな心配もご無用!!

ポイント投資の「500円以上」というのは全てポイントである必要はなく、その中に1ポイントでもポイントを使ってさえいればポイント投資の条件を満たすことができます。

なので、私は毎月1ポイントと9999円で1万円ずつ投資信託を購入し、積み立てています。

楽天カード決済で積立投資をすると、投資に使った支払いも1%還元されます。10000円分なら100円還元されることになるので、こういう小さい積み重ねも大きいなと思います。

これまで個別投資はしていたけれど、投資信託はなんとなく敬遠してしまっていたのですが、株価の変動に振り回されることもなくて自分にはあっているように思うので、額を増やそうかなと思っているところです。

楽天ポイント運用も通常ポイントのみなので、余っている時はポイント運用に入れるのもいいかなと思います。
ちょっとずつポイントが貯まるのも結構嬉しいです♪

楽天通常ポイントはポイント支払いと楽天投資の二本立てがお得!!

1ポイント1円として使える楽天通常ポイントは、ほぼ無期限で使い道も幅広いですが、一番お得な使い方としておすすめできるのは、「ポイント支払い」と「楽天投資」の2本立てです。

この2つは非常にお得ですが、「通常ポイント」でしかできない使い方なので、通常ポイントはこれに当てるのがいいと思います。

せっかく貯めたポイントなので、できるだけポイント還元率が高い方法で使いたいもの。

ぜひ、参考にしてみてください。