キャッシュレス

現金vsキャッシュレスどっちがいい?貯金大好きな私が現金派からキャッシュレス派になったわけ。

昨年の消費増税からキャッシュレス生活に移行した私。今回はキャッシュレス派になる前と、キャッシュレス移行後のお金事情を比較してみたいと思います。

現金派時代のお金の使い方と貯金法

まずは現金派時代の振り返りから。

現金で生活していた時、私は給与口座から毎月次のように引き出していました。

手取り:約30万
●10万‥‥家賃用SBI口座へ (家賃は90500円)
● 5万‥‥財布へ(現金使用。食費、生活費、交通費等)
● 5万‥‥信用金庫へ(光熱費、通信費、カード決済)
●ご祝儀など特別な支出は給与口座からその度直接引き出し

    残りの10万は給与口座に貯めていく。
    10万×12ヶ月とボーナスで200万は貯金。

基本的には大きな出費である食費や交際費は全て現金で支払っていた私。

たまに出費が嵩んで5万で足りなくなったら信用金庫に入れた5万から財布に入れて現金で使うようにしていました。

つまり、引き出さなかった分は全て貯金になるという計算。

必要以外に引き出すことはなかったため、努力しなくとも楽に貯金をすることができました。

ずぼらでも簡単に貯金をするには、この方法がおすすめです。


なお、洋服や家具など大きな買い物についてはカードでしていました。

こちらについては信用金庫の口座に100万程入っていたので、たまに5万円を超える月があってもあまり気にせず、数ヶ月単位で大らかに考えるようにしていました。

現金で生活するメリット

思い返すと現金生活には大きく二つのメリットがありました。

  1. 引き出さない分が全て貯金になるため、簡単に貯められる。
  2. 家計管理がめちゃくちゃ楽。



現金派だった頃、私は家計簿を全くつけていませんでした。

それでも使った額の把握ができていたのは、財布の中身を確認するだけでその月使える分がいくら残っているかわかったから。

使う額を月始めに財布にうつすのは、使った額を把握できるいい方法だと思います。

キャッシュレス派になってからのお金の使い方

キャッシュレス派になっても現金しか使えない場面や、飲み会の支払いなど現金が必要な場面もありますよね。

そこで、現金を持ちつつキャッシュレスで支払えるところはなるべく現金を使わないように心がけて生活しています。

手取り:約30万
●10万‥‥家賃用SBI口座へ (家賃は90500円)
● 2万‥‥財布へ(現金しか使えない場面用)
● 8万‥‥楽天銀行へ 
  (食費、生活費、光熱費、通信費等 基本的に全て)
●ご祝儀など特別な支出は給与口座からその度直接引き出し

    残りの10万は貯金(しかし金利の高い楽天銀行へ)

月によっては現金以外の出費が8万を越えることもありましたが、基本的には2万の現金と8万のキャッシュレス決済で上手く使うことができています。

現金派だった頃は何でもカードで払うことに抵抗がありましたが、やり始めてみるとそんなに悪くなく、案外現金を使わなくても生活できることがわかりました。

キャッシュレスのメリットは?

次にメリットを紹介します。

私がキャッシュレスを始めたきっかけは消費増税に伴うポイント還元を受けるためでしたが、それ以上のメリットがありました。

それは、メインカードにしている楽天カードのポイント還元です。

私が主に使っている楽天カードは、ポイント還元のない店舗であっても通常のお買い物で1%の還元があります。

月に8万円キャッシュレスで払うとするとそれだけで800円分がポイントとして返ってきます。

今までお金の管理が楽だという決めつけから現金で払ってきましたが、一年で考えると1万円弱になり、バカにできない額になってしまことに気付きました。


それに加え、お店によっては5%の還元やキャンペーンによるポイント還元もつくので、実際は1%以上の還元を受けられることも多く、本当にお得だなと思います。

キャッシュレスにデメリットはないの?

ポイント還元という大きなメリットがあるものの、現金派からの以降でデメリットも少なからず感じます。

それは次の二点です。

  1. クレジットカードの使えないお店もあるため、キャッシュレスだけでは生活できない(わかっていたけれどやはり不便)
  2. 口座にその月使う分以外の残高があるため、何円使ったのか、あと何円使えるのかが管理しにくい

私は、特に2つ目に困りました。

実は、キャッシュレス移行のために楽天銀行の口座を作った時、毎月の使用分(8万)だけを楽天銀行に入れてこれをお財布代わりに使う予定でした。

しかし、開設してみて金利がとても高いことがわかり、結局楽天銀行に今までの給与口座の貯蓄を移すことに。その結果、口座残高で月の出費を把握することが難しくなってしまいました。

そこで対応策として始めたのが「Money Forward」です。

アプリの利用で出費の把握はできるようになりましたが、現金の時のようにお財布の中だけ見るというざっくりした使い方では家計を把握するのは難しいと思います。

勝者:キャッシュレス!(ただし工夫が必要)

キャッシュレスに移行して数ヶ月経ちましたが、お得感からしてキャッシュレスの勝ちだなと思います。

また、以前は数百円の買い物をするのにカードを出すことに抵抗があって現金を選んでいたところもありましたが、国がキャッシュレスを進めていることもあり、少額の買い物でも抵抗なくカードを使えるようになりました。

ただ、キャッシュレスはお会計もスムーズであるように言われていますが、お店によっては現金の方が早かったなと思うことも度々あります。

それでも、ポイント還元のことを考えると私はキャッシュレス決済を選んで使いたいと思います。

また、デメリットで書いたように、出費の把握が難しいのも事実

カードだとたくさん使ってしまうという人は、この出費の把握が上手くいっていないところにも原因があるのかな?と思います。

これには、自分にあう家計簿アプリを使用することを、解決策の一つとしておすすめします。

キャッシュレスにもデメリットはありますが、メリットもとても大きいです。まだ踏み出せない方も、試してみられてはいかがでしょうか?