雑記

カフェオレとカフェラテ。どっちがどっちか確実に覚える方法見つけた!

喫茶店でコーヒーを頼もうとすると、種類がいっぱいあって迷うことがありますね。大体の違いはわかるのですが、いつもわからなくなるのが「カフェオレ」と「カフェラテ」。調べても調べても忘れるので、覚え方を考えてみました。

「カフェオレ」と「カフェラテ」の違い

カフェオレもカフェラテも、どちらも「コーヒー牛乳」を指します。

カフェオレ・・・フランス語で「café au lait」と表記。

カフェは「コーヒー」のことで、オが「前置詞」、レは「牛乳」という意味です。つまり、コーヒーの中に牛乳を入れた飲み物=「コーヒー牛乳」を指す言葉になります。

カフェラテ・・・イタリア語の造語で「Caffè Latte」と表記。

カフェは「コーヒー」のことで、ラテが「牛乳」を意味します。つまり、カフェオレ同様にコーヒーに牛乳を入れた飲み物=「コーヒー牛乳」ということですね。

言葉の違いはあれど、どっちもコーヒー牛乳ってことみたい。

でも両方メニューに載ってる喫茶店もあるよね。違いはなんなの??

コーヒーやミルクが違う!

「カフェオレ」と「カフェラテ」はどちらも「コーヒー牛乳」ですが、違う飲み物。その差はコーヒーの抽出方法や牛乳にあります。

カフェオレは「ドリップで抽出」、カフェラテは「エスプレッソ」で抽出したコーヒーが使われるのです。

図式化するとこうなります。

また、牛乳の量も違います。

厳密に決められているわけではありませんが、一般的に「カフェオレ」はコーヒー対牛乳が5:5であるのに対し、「カフェラテ」では2:8と、牛乳の割合が多くなります。

でも、エスプレッソは元がかなり濃く抽出されているから、8割牛乳でちょうどいいくらいになってるんだね。

さらに、「カフェオレ」は火で温めた牛乳、「カフェラテ」は蒸気で温めた牛乳を使うという違いもあるそうです。

ふむふむ。違いはわかった。

でも、問題はこれを覚えられるか。今までも調べたし違いは知ってるんだけど、どっちがどっちかが覚えにくいんだなぁ。

発見!もう忘れない覚え方

牛乳の入ったコーヒーが飲みたいなぁと思った時、メニューにどっちかしかなければ迷うことはないのですが、両方あると迷ってしまいます。

そして、どっちかがエスプレッソということはわかるのにどっちがどっちかいつまでも覚えられない私。その度に調べるのも面倒なので、いい調べ方はないか探してみました。

その結果、発見したのがこちら。

オレ、カフェオレにする。ラッテ(だって)カフェラッテは苦いもん!!

「エスプレッソ=苦い」は完全に入っているイメージなので、そのイメージを使えばエスプレッソを使っている「カフェラテ」とドリップの「カフェオレ」を覚えることができそうです。

実際のところは、エスプレッソ抽出のカフェラテも8割の牛乳が入っているのでそんなに苦いと感じたことはないのですが、一般的には味について次のような違いがあると言われています。

「カフェオレ」は苦みの弱いコーヒーにミルクが混ぜられているため、苦味と甘みが混ざり合いマイルド。

「カフェラテ」は苦味の強いエスプレッソに、蒸気であたためられたなめらかなミルクが混ぜられているため、苦みとほのかな甘みのメリハリがある。

実は、前に飲み比べをした時はあまり違いがわからなかったんだよなぁ笑。

次はこれを頭においてまた飲んでみよう♪

今まで中々覚えられず何度も調べてきたオレラテ問題。今回調べたことで、ようやく整理して覚えることができました!

これで、これからは迷わずに選べそうです。

https://pointseikatsu.com/2020/01/03/%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%8d%e3%81%ae%e9%a3%9f%e3%81%b9%e6%96%b9/