楽天

大満足の楽天カードで後悔していること2つ。(作るなら要注意!)

普段のお買い物は、基本的に楽天カードを使っている私。楽天銀行楽天市場も合わせて使っているため、お得がいっぱいで基本的にはとても満足しています。

そんな私ですが、楽天カードを作る際の選択において二点後悔していることがあります。ご紹介します。

後悔1:JCBを選んでしまった。

楽天カードで選べる国際ブランド4種と比較

楽天カードを作る時、最初に選ぶのが国際ブランドです。楽天カードでは、次の4種類のブランドから選択することができます。

  1. VISA(ビザ)
  2. MasterCard(マスターカード)
  3. JCB(ジェーシービー)
  4. American Express(略:アメックス)

4種類ものブランドから選べるカードはかなりレア(他にはJALカードやANAカードくらい)らしいのですが、選択肢が多いと余計に迷ってしまいますよね。私も、まずはここでかなり悩みました。

各ブランドの特徴を整理すると、次のようになります。

VISA
世界シェア・日本シェア共にNo.1の国際ブランド。
日本で現行のほとんどのクレジットカードで選択でき、ダントツの利便性なので、初めての人はまず持っておくといい。

Mastercard
決済額では銀聯に抜かされ世界第3位に転落したものの、加盟店数はVISAに並びNo.1の国際ブランド。
世界中で使いやすく、優待サービスや海外決済時のレートが良いので、一枚は持っておきたい。

JCB
唯一日本初の国際ブランド。
加盟店数は少なめで海外旅行には不向きだが、日本国内での使い勝手は抜群。JCBが直接手がけるカード、「JCB ORIGINAL CIRIES」は高いステータス性・サービスの質で根強い人気を誇る。

アメリカン・エキスプレス
大都市や先進国に加盟店が集中している国際ブランドで、決済可能範囲はVISAやMastercardには劣る。
アメックスゴールドなど、プロパーカードは高いステータス性を誇り、非日常でラグジュアリーな体験を提供してくれる。

  • 加盟店数で選ぶならVISA・Mastercard
  • 世界中で使いやすいのはVISA・Mastercard
  • 国内で使うなら4種類とも問題ない
  • Apple Payを使うならMastercard・JCB

こうやって比較するとVISAMastercardが良さそうに思えます。

それでも私がJCBを選んだのは、「既に別のクレジットカードを持っており、2枚目以降のカードで楽天カードを検討している。そんな場合は持っていない国際ブランドを選ぶのがベターという情報があったからです。

楽天カードを作った時点で私は他のクレジットを4枚持っていたのですが、全てVISAだったのです。そこで、基本的には国内使用なので1枚くらいJCBを持っていてもいいだろう、とJCBを選んでしまったのでした。

JCBは国内でも使えないことが度々あった。

楽天カードを使い始めて4年弱になりますが、冒頭にも述べたように私が日常生活で基本的に使っているカードは楽天カードです。

ポイントを効率よく溜めるためにも、できるだけ一枚のカードを使いたいところ。けれど、国内でも楽天カードを使いたいのにJCBが使えないということが何度もありました。

やはり、加盟店数は大事です。VISAしか持っていなかった時は「使えない」という経験がなかっただけに、使えないことがあるというのは不便だなぁと感じました。

また、現時点でJCBでなければならなかったという経験はしていません。唯一あるとすれば、現在私が利用しているApple Pay上でのSuicaチャージがVISAではできない(JCBかMastercardのみ)ということです。

結論1

同じ国際ブランド2枚目であっても、加盟店数の方を重視してVISA/Mastercardを選ぶべし。

Apple Payも使うなら、使用制限のないMasetercardがベストチョイス。

後悔2:デザイン選びに失敗した。

楽天カードは、デザインが豊富なのも特徴的なカードです。

私が作った頃より現在の方が増えていますが、お買いものパンダディズニーなど可愛いカードが用意されています。私自身、選ぶのはとても迷いました。

第一印象で私が気になったのが、この2種類のカードです。

それまで持っているカードはどれもシンプルなものばかりだったので、イラストの入ったカードが可愛くてとても気になりました。

最初はどっちにするかで迷っていたのですが、次第に社会人がイラスト入りのカードを使っていて恥ずかしい思いをするのではないかというくだらない心配が生まれてきてしまいました。

迷ったらすぐにグーグル先生に聞く私(笑)は、その時もお買いものパンダデザインのカードを社会人が持つことについて、検索をしまくりました。(今思えばアホですね笑)

もちろん、肯定的な意見もあったのですがネット上なので否定的な意見(使うシーンを選ぶ、飽きるなど)もありました。そこで、人目が何よりも気になる私は本当は欲しかったお買いものパンダデザインではなく、通常デザインを選んでしまいました。

機能的には全く問題ないのですが、未だに気になるお買いものパンダデザイン。使うのは自分自身なのだから、人にどう思われるかではなく欲しいと思ったものを素直に選べば良かったと反省しました。

結論2

カードを使うのは自分自身。しかもほぼ毎日見るもの。だからこそ、人の意見ではなく自分の欲しい気持ちに素直にデザインを選んだ方がいい。

\2月24日(水)までなら通常5000ポイントのところ8000ポイントもらえる/

楽天カードはブランドもデザインも変更はできない。

ここまで後悔を綴ってきましたが、それなら変更すれば? という意見もあるかと思います。しかし、現在のカードのままブランドやデザインのみを変更することはできません。

では、どうすればいいのか。

どうしても変更したい場合には、手がないわけではありません。「解約&再契約」によって欲しいブランド&デザインのカードを手に入れることも可能です。けれど、この「解約&再契約」にはいくつかデメリットがあります。

解約&再契約のデメリット

  1. カード番号が変わる。
    光熱費などクレジットカードを登録しているところの登録変更手続きが必要になる。・・・面倒
    なお、楽天市場のカード情報は自動で切り替わる。
  2. 再契約の際、審査が再び必要。
  3. 楽天Edyの残額は移行できない。
  4. 家族カードやETCカードを作っていた場合、自動的に解約されてしまう。

楽天ポイントについては、カードではなく楽天会員自身に紐づけられているためポイントが消えてしまうということはないそうです。

それでも、カード番号の変更手続きなど面倒なことが出てきてしまうので、簡単に変えるということはできないというのが現状です。

あとで変更するのは容易ではない。よって、楽天カードを作る際にしっかりと後悔のない選択をしておくべし。

\2月24日(水)までなら通常5000ポイントのところ8000ポイントもらえる/

まとめ

以上、楽天カードに大満足な私が後悔していること2点をご紹介しました。

石橋を叩いて叩いて渡らない性格なので、このカードを作った4年前にも色々調べ、自分なりには後悔しない選択をしたつもりでした。が、4年間使う中で自分の選択が失敗であったことに気付くことになってしまいました。

しかしこの記事でも紹介したように、変更するためには「解約&再契約」が必要であり、これには結構手間がかかります。その手間をかけるかと言われるとそこまではできないなぁと思っているのも事実です。

私のような後悔をしないよう、楽天カードを作る際には色々な面から考え、また自分の気持ちに素直になって(笑)作ることをおすすめします。