雑記

豆苗の再収穫には何日かかる?写真付きで成長記録を紹介。

「豆苗は安いのに食べた後再収穫もできてお得」と聞きつけた私。初めて豆苗の再生栽培にチャレンジしてみました。手間は? 食べられるまでにかかる日数は?? 果たして上手くいったのか???

今回はそんな疑問に答えるべく、成長過程を写真付きで記録しました。ご紹介します。

豆苗が再収穫で食べられるまでの成長記録

お世話は朝晩2回の水換えのみ。一度切ってから次食べられるまでの成長過程はこのような感じになりました。

1日目

まだ育てる前です。右側だけ短くなっているのですが、お鍋に入れるために3分の1カットして使いました。

豆苗を入れているのは小さなタッパーです。ちょうどいいサイズのパックがなかったのでこちらを使いました。

ギリギリ根っこは収まっているのですが、ちょっと浅すぎるのが難点でした。

この日から水を毎日入れ替えて、豆苗栽培スタートです♪

2日目

まだ、買ってきた豆苗を全部食べきれていない状態です。

前日と左右を逆にして撮影してしまったのでわかりづらいですが(ごめんなさい)翌日のお弁当に使う分だけ残して残りを全て使いました。

豆苗は、ハサミでカットして使えるので包丁、まな板いらずなところが楽で気に入っています。

水の吸収が早く、水は朝晩2回替えていました。

5日目

3、4日目が飛んでいます。ごめんなさい。‥‥というのも、3日目の朝にカットして以降、ほとんど成長が見られなかったのです。

写真でわかるように、右の方に一つだけ飛び出ている芽があるのがわかります。これでようやく成長が実感できました。

私は、毎日収穫できると勝手に思い込んでいたので、案外伸びずヤキモキしてました。

ちなみにケースが変わっています。こちらはタラの切り身を買った時のパックです。少し浅めですが、横幅もピッタリで中々よかったです。

7日目

またまた1日飛んでしまいました。

7日目は急激な成長が見え始めた日でした。

5、6日目はまだ再収穫できるか不安だったのですが、できそうな気がしてきたのが7日目でした。朝と晩でも成長がわかるくらい、急激に伸びていました。

5日目に飛び出ていた芽はさらに伸びて、一本だけ倍近くになっていました。なぜでしょう?笑

8日目

さらに成長しました!

芽が右に向かって伸びているのですが、伸びている先が窓の方向です。光に向かって伸びているのかな〜と思いました。

ちなみに、元気なあいつ(笑)は、とうとう写真に収まりきらない長さになりました。(だんだんこの芽が可愛く見えてきました笑)

もう食べても良さそうですが、食べた時の満足感を求めてもう少し育ててみることにしました。

9日目

前日よりさらに伸びたのがわかります。上にも伸びていますが、内側の密度も高くなっていました。

もう食べよう! と思っていたのですが、違うものを食べてしまったので、もう1日だけ育てることにしました。

こちらは朝の様子ですが、夕方にはさらに成長しているように思えました。→はその写真です。気のせい?笑

10日目

食べるのに十分な程成長してくれました!

こちらは全部お鍋に入れて食べました。買ってきた時の豆苗は3回に分けて食べましたが、こちらは1回分の夕食で終わってしまいました。

しっかり伸びたのにな〜と思っていたのですが、今回記事を書くにあたって、写真を見直してみたら最初と葉の大きさが全然違うことに気付きました。

買った時と全く同じに育つわけではないようです。でも、新鮮で美味しかったので満足です。

おまけ

元気なあいつのラスト2日間の様子です笑。最後は上に伸びることができず曲がってましたが、それでも伸び続けてました! こちらも美味しくいただきました♪

9日目

10日目

まとめ:豆苗は大体9日前後で収穫できる

豆苗の再収穫までにかかる日数は大体9日前後でした。最初は全然成長しないので不安になりますが、7日経った頃から急激に成長します。不安になっても諦めず、コツコツ水を替えてみてください。

水は1日一回は替えるようにということですが、私は大体2回替えていました。台所で育てていたのですが、水がすぐ替えられるところに置いておくと、水を替える手間もかからず続けやすいなと思いました。

再収穫では葉が小さくなってしまい、ボリュームはなくなってしまいましたが、100円もしない豆苗が再利用できるというのはお得だと思います。

また、成長するものが生活の中にあるというのは癒しにもなっていいなぁと思いました。

1度目の再収穫を終え、再び短くなってしまった私の豆苗。上手くやればもう一度収穫できるという話もあるようです。まだカビが生えている様子もないので、もう一回だけこのままチャレンジしてみようと思います。

https://pointseikatsu.com/2020/03/18/tomyo2/